2017年02月18日

日本ヘラルド映画の仕事

2006年まで約半世紀にわたって映画ファンを楽しませてくれたインディペンデント系洋画の配給会社、日本ヘラルド映画。そのヘラルドが誕生してから、惜しくも閉鎖されるまで、配給・宣伝活動してきた様々な洋画(邦画も)の歴史を一冊にまとめた『日本ヘラルド映画の仕事』が発売されました(パイ・インターナショナル刊)。元ヘラルド宣伝部の谷川健司さんが数年かけて完成した労作です。実はSCREENもちょこっとだけ協力したので、贈呈本をいただきました。
これを読んでいると、ヘラルドがどのように誕生し、どんな宣伝を行って、どれだけのスターや映画関係者を育ててきたか、その実績がよくわかります。という以上に知らなかったことも多く、大変勉強になります。配給第一作はイエジー・カヴァレロヴィッチ監督の「影」だったんですね。「気狂いピエロ」「戦争と平和」などヨーロッパからソビエト映画まで、とにかく当てまくった時代の逸話が面白い。世代によってヘラルド作品との出会いも違うと思うんですが、私が映画を見始める前に大流行だったのが「エマニエル夫人」。小学生でも知っているくらい、このソフト・ポルノ(その時なんと呼んでいたかは忘れたけど)は有名になりました。「小さな恋のメロディ」リバイバルとか「ベンジー」あたりが私ら世代とヘラルドの出会いかも。「コンボイ」のトラック軍団が私の住んでいた千葉まで来たのも覚えているなあ。コッポラとタッグを組んだ「地獄の黙示録」の意気込みもすごかったし、とにかく宣伝の仕方が、現在のパターン化したものとまるで違う奇抜で大スケールというものが多かった時代ですよね。そのころの宣伝マンというのは本当に大変だけど面白い仕事をしたんだろうなあと推察できます。
私が業界に入って最初に試写室に入れてもらったのもヘラルドだったかも。その時は新橋の駅前ビル内にあったのですが、見たのは「モナリザ」だったような……銀座のど真ん中に移ってからは、「レオン」のナタリー・ポートマンの単独取材をヘラルドの会議室でやらせてもらったことなども思い出深いですね。
と、個人的な映画体験も思い出してしまうような資料も満載。ヘラルドと聞いて懐かしいと感じる人は必読でしょうね。
posted by 編集局長 at 15:47| 日記

2017年01月26日

アカデミー賞ノミネーション

ちょっと書くのが遅くなりましたが、アカデミー賞ノミネーションをオンタイムで見ていました。例年のようにどこかのホテルに早朝から(現地のこと)記者を集めて、協会会長が登場して何人かの俳優に候補を手短にアナウンスする方法をやめて、ストリーミング映像のようなものを一斉配信する形になり面食らいましたが、この候補を発表後すぐにまとめて一覧にする作業の対処が、いずれのメディアも大変だったようで、アカデミー賞の公式サイトでも一時間違いが発生したようです。私もある程度、目安を付けて予想を書き出しておいて、そこから削ったり、付け足したりの作業が結構大変でした。
「ラ・ラ・ランド」が14個もノミネートを受けたのはちょっと意外でしたが、やはり本命ということでしょう。なんというか、現実の人生はなかなかうまくいかないものだけれど、それをかなえてくれるのが虚構の世界を描く映画の素晴らしさなんだというラストが、いかにもハリウッドが歓迎しそうなテーマで、それをすごくうまい形でミュージカルにした本作のデーミアン・チャゼルはさすがという感じ。
しかし対抗馬「ムーンライト」も素晴らしいんですよ。見方によってはLGBTものと言えなくもないんですが、一人のマイノリティーの少年が自分は何者であるかを発見し、それを受け入れていく過程を綿密にかつ優しく描いたアイデンティティーの映画なんですね。助演男優賞はまず最有力と思うのですが、後は何を獲れるかな?
「メッセージ」もSFなんですが、そこに留まらない人間のドラマになっています。「未知との遭遇」や「コンタクト」に近いと思うのですが、3作ともソニーの映画という共通項がありますね。エーミー・アダムズの落選が残念でした。
今回は「沈黙 サイレンス」や「ハドソン川の奇跡」はほとんど無視に近い状態となりましたが、もうハリウッドの世代交代は完全に始まっていることがよくわかるノミネート結果でもありました。本番ではどういう評価を下されるのか益々興味深いです。
posted by 編集局長 at 13:19| 日記

2017年01月20日

ネオン・デーモン

ひとつ、大きな変更があります。
21日発売のSCREEN3月号を読んでいただくと気付くかもしれませんが、私このたび、10年ほど務めた編集長を引退します。といいましてもまだ編集部にはおります。編集局長という肩書になりまして、編集作業を後方から支援することになります。引き続きよろしくお願いします。
ということで、このブログも「編集局長ブログ」にタイトル変更となりますね。
さて話変わりまして、この間、試写で見逃した「ネオン・デーモン」を劇場に見に行ったんですね。実は一度満員で入れなくて、日を改めて行ったんですが、なんでこんなに混んでいるのかよくわからなかったんです。で、ようやく見られた「ネオン・デーモン」、めちゃくちゃ面白かった……というより、こんな映画だったのか!といまさらながら唖然としました。ニコラス・ウィンディング・レフンの新作なのに、あまり賞レースにからんでいないなとか思ったら、これは賛否両論致し方なし!という内容だったのです。
人間性のかけらもないようなモデル業界に、野心も欲もなく飛び込んできた一人の少女。彼女がこの危険きわまりない世界で食い物にされてしまう(まさに文字通り)様を描いたこわーい映画で、主演のエル・ファニングがこれ以上ないはまり役ゆえ、無垢な彼女がどうなって、どうされてしまうのか、最初から最後までハラハラし通し。レフンが悪趣味なのか、ドSなのか、これでもかというくらいエルちゃんが大変な目にあわされます。基本的にファンタジー色も濃く、かなりモデル業界をデフォルメしているのですが、人間の美や若さに対する羨望や嫉妬、持つと持たざる者の悲喜劇をアート風に描いているともいえます。とにかくオチのグロさが評価のわかれどころかも。それゆえにヒットしているのか?と穿った見方もしてしまいました。
こういう残酷な目にあわされながらも、健気にがんばるエルが素晴らしかった。また元子役のジェナ・マローンの体当たり演技、ベラ・ヒースコートのヌードやキアヌー・リーヴズの非道ぶりなど驚かされることばかりでした。見ておいてよかった。
posted by 編集局長 at 17:45| 日記

2017年01月07日

今年の最初の1本

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年もSCREENをよろしくお願いします。
正月休みは暖かくてよかったですね。今年のおみくじは「吉」とでましたが、内容的には「果報は寝て待て」「無茶するな」的なもので、実はあまり良くないのですが、昨年の「凶」よりは良しとしましょう。
そんな中、今年最初に見た1本は「ヒッチコック/トリュフォー」でした。私でも持っているベストセラー映画書『ヒッチコック/トリュフォー 映画術』を映像化したドキュメンタリーですが、この英国とフランスが生んだ映画の天才二人のことを、もう知らないという人も多いんですよね。知らないというより、名前は聞いたことあるけど作品を見たことがないという方が正しいのか。
この映画では、特にヒッチコックの映画の魅力、優れた点、特別な点などを事細かに教えてくれます。ヌーベルバーグの旗手と言われた頃のトリュフォーは映画評論家でもあり、果敢にリスペクトすべきヒッチに数々の質問をぶつけます(テープの音声でやり取りが聞ける)。天才ヒッチは“職人”でもあるため、天才ゆえの高慢さなど見せず、一つ一つの質問に具体的に答えていきます。そこに生まれる映画の天才同士の友情が心地よいので、間に挟まれる10人の映画監督へのインタビューが邪魔なくらいです。
この間『午前十時の映画祭』でちょうど「めまい」を見たばかりだったので、特に「めまい」について二人が語るくだりは興味深く聞きました。トリュフォーはこの映画史に残る作品を『失敗作』だと思っているようで、彼の指摘も『確かに』と思えるところがあり、ヒッチもたじたじになるところが面白い!
そのトリュフォーも「大人は判ってくれない」「突然炎のごとく」「アメリカの夜」「終電車」など名作を残し、わずか52歳でこの世を去ってしまいましたが、その後も長生きしていたら、どんな名作を生み出してくれたかと惜しまれます。
映画を志す人にはぜひ見ておいてほしい一作です。
posted by 編集局長 at 14:42| 日記

2016年12月30日

2016年終了

最後の最後でハリウッドではキャリー・フィッシャーの急死に続いて、母デビー・レーノルズも翌日死去という大きなニュースが飛び込んできましたが、とりあえずSCREEN編集部の年内の仕事は28日にて終了しました。かつてこんなに忙しい1年はあっただろうかというくらい、めまぐるしい年でしたが、そんな中、なんとか70周年記念号を出すことができて、ようやく大きな荷物が一つ降ろせた感じです。
このブログも今年はこれが最後なので、例によって、2016マイ・ベストテンを。1「グランドフィナーレ」2「スポットライト 世紀のスクープ」3「ブルックリン」4「シング・ストリート 未来へのうた」5「人間の値打ち」6「五日物語 3つの王国と3人の女」7「ハドソン川の奇跡」8「ニュースの真相」9「好きにならずにいられない」10「人生は小説より奇なり」──
他にも「サウルの息子」「ブリッジ・オブ・スパイ」「デッドプール」「エクス・マキナ」「山河ノスタルジア」などなど佳作が多かった年でした。さらに言えば『午前十時の映画祭』で「ハリーとトント」と「ポセイドン・アドベンチャー」をやってくれて、うれしすぎてそれぞれ3回ずつ見に行ったことが記憶に残りそうです。
では来年もSCREENをよろしくお願いします。皆さんもどうぞ良いお年を。
posted by 編集局長 at 14:02| 日記

2016年12月25日

一か月映画見放題

6回映画を見ると1回ただで見られるのでTOHOシネマズカードの会員になっているんですが、見るごとにポイントとマイル(見た映画の上映時間分)が溜まるんですよ。6ポイント貯まれば1回映画を見られて、マイルはコーヒーやポップコーンと代えたりできるんですが、年末になると2年前から1年前までの1年分が消滅するんです。だいたいこの時期になると結構溜まっているんで、そろそろコーヒー飲んだり、ポップコーンに代えようかなと思ったんですが、何マイルでもらえるのか忘れたので、ネットで確認したら、1000マイルでポップコーンとかコーヒーとかの下の方に、6000マイルで1か月映画見放題のフリーパスって書いてあるんです。で、自分の貯まっているマイルを見たら、6000越えてる……
6000マイル貯めるのって人の話によると、2年間としてだいたい月に2〜3回(有料で)見に行くペースということなので、たしかにそのくらい見てるかも、と今更思い当たったのですが、マイル消滅まであと1週間という時点で気づいてよかった。でも半信半疑で今日、会社に来る前にTOHOシネマズに行って窓口でカードを見せて『あの、6000マイル溜まったと思うんですけど……』と言ったら、『フリーパスですね』と当たり前のように言われて、結局本当に1か月有効のフリーパスもらえました(一応全国のTOHOシネマズで使えるけど一部劇場は除外)! これで「ローグ・ワン」でも「ファンタスティック・ビースト」でも「バイオハザード」でも(もう全部見ちゃったけど)、何度でも見放題(時間があれば)! まずは試写を行なわなかった「ピートと秘密の友達」を見てきましたが、年末年始何を見ようかな〜などと楽しみになりました。図らずもうれしいクリスマスプレゼントをもらった気分です。
posted by 編集局長 at 14:53| 日記

2016年12月13日

ゴールデングローブ賞ノミネーション

ニュース欄でもお知らせしていますが、第74回ゴールデングローブ賞の候補が発表されました。アカデミー賞の前哨戦といわれるだけあって、注目度の高いこの賞ですが、順当なような意外なような。
作品賞・監督賞・演技賞の枠に現代ハリウッドの巨匠といわれるマーティン・スコセッシの「沈黙 サイレンス」とクリント・イーストウッドの「ハドソン川の奇跡」が見事に無視されています。かろうじてメル・ギブソンが「ハクソー・リッジ」で作品・監督・主演男優と気を吐いていますが、今回はハリウッドの新勢力にスポットが当たるようです。
そのトップランナーが「ラ・ラ・ランド」のデーミアン・チャゼル。前作「セッション」も良かったですが、今回もツウ好みのミュージカル風ロマンスです。なんというのか、『二番目の夢をかなえた恋人たちの果たせなかった夢』をかなえるのがハリウッド=虚構の世界の素晴らしさなんだと言いたげなクライマックスに、ぐっとくるような切ないロマンスで、ハッピーエンドともアンハッピーエンドとも取れるラストが心憎いんですね。これはハリウッド族には好かれる作品でしょう。また男優賞有力の『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、間違いなく今年のブラックパワーの台風の目になる『ムーンライト』も主要部門で複数ノミネートされ、このあたりが三つ巴の戦いを見せてくれるのが今年のハリウッド賞レースになるという感じ。それを見事に表しているのがこのゴールデングローブの候補一覧に現われているような。
またアニメ賞に「君の名は。」が選ばれなくて、日本ではニュースになっていましたが、もし候補になるなら「レッドタートル」とか「百日紅」の方が有力。この2作が入っていない時点でまたまた今年もハリウッド・アニメ(「ズートピア」とか「モアナと伝説の海」とか)が強いことが如実にわかります。
華やかさがもう一つほしいかなという気もしますが、1月8日(現地時間)の授与式を楽しみにしましょう。
posted by 編集局長 at 17:54| 日記

2016年12月05日

コミコン終了

遅くなりましたが、昨日まで絶賛開催中だった「第1回東京コミコン」、無事終了しました。ご来場いただいた方々ありがとうございました。
私もブースにしばらくいたのですが、お声を掛けていただいた読者の方も多く、みなさんに感謝です。熱い映画ファンの方ばかりで、こちらもうれしくなりました。
また大越まどか先生の似顔絵コーナー、ご希望の方が多かったのですが、なにせ一枚描くのに時間がかかるので、限定名にしか対応できず、しかも先着順だったためお断りしてしまった方には大変失礼しました。またの機会によろしくお願いします。大越先生もまさか2ショットをお願いされるとは思っていなかったそうで、びっくりでしたと話しておられました。杉山すぴ豊さんのサイン会にもたくさんのご来場ありがとうございます。
初めての試みで至らない点も多かったと思いますが、来場された方ほとんどのみなさんが大変良い方ばかりだったのも感動でした。とりあえず来場者の方、関係者の方、みなさんお疲れ様でした。
posted by 編集局長 at 14:32| 日記

2016年12月03日

東京コミコンに出席

第1回東京コミコン、12月2日からスタートしましたが、私も今日3日から参加してきました。予想以上に来場者でごったがえし、我がスクリーンのブースにもあふれんばかりのお客さんに立ち寄っていただきました。
あなたがSCREENの表紙になれる撮影会、杉山すぴ豊さんのサイン会、大越まどかさんの似顔絵コーナー、いずれも満員御礼で、せっかくいらしたのにお断りした方にはご迷惑おかけしてしまい申し訳ない気持ちです。ブース内に掲げたSCREENとスターのギャラリーも大勢の方が写真を撮って行かれました。
場内は本当にコスプレした方が大勢闊歩している状態で、みんながそれを楽しんでいる感じが伝わってきて、なんでもありの自由な空間が心地よい雰囲気でした。
それでもとにかく立ちっぱなしだったので、いつも座って作業している身のため、腰が痛くなるアクシデントも。帰りの電車内で座れたのはラッキーでしたが。さて明日はこれ以上になるのか? 怖いような楽しみなような……
posted by 編集局長 at 21:20| 日記

2016年11月26日

東京コミコン開幕まであと……

もうご承知の方もいるかと思いますが、12月2〜4日に幕張メッセ国際展示場で行なわれる『東京コミコン』に、SCREENが出店します。ジェレミー・レナー、スタン・リーら豪華ゲストの来場、ステージイベント、コスプレ撮影会、サイン会など様々な催しが予定されていますので、皆様ぜひお誘いあわせの上、お越しください。
といいつつ、もう開幕まであと6日! うちでもいろいろ準備しているんですが、なにせSCREEN自体が70周年記念号を製作中なので、大きなイベントを二つ同時に進行しているような状態。はたしてどうなるのか、自分でもよくわかりません。しばらくブログを書く時間もなさそう……
posted by 編集局長 at 15:41| 日記