2015年12月29日

今年最後の

激動の2015年、今年最後の出社(予定)しております。いまごろ年賀状書いているので、関係者の方、到着が遅くなりましたらお許しください。
さて最後なので、今年のマイベスト10を記しておきます。
1.雪の轍、2.ナイトクローラー、3.マッドマックス怒りのデス・ロード、4.セッション、5.バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)、6.イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密、7.
アクトレス 女たちの舞台、8.わたしに会うまでの1600キロ、9.パレードへようこそ、10.クリード/チャンプを継ぐ男
正式に公開されなかったけれど、もし公開されていれば「ヒックとドラゴン2」も上位に入れたでしょう。ほかにも「はじまりのうた」「黄金のアデーレ 名画の帰還」「シンデレラ」「アリスのままで」「ジョン・ウッィク」「悪党に粛清を」「おもおくりの作法」なども良かったです。もちろん「スペクター」「フォースの覚醒」も楽しめましたよ。見逃して残念だったのは「パプーシャの黒い瞳」「グッド・ライ いちばんやさしい嘘」「禁じられた歌声」「神々のたそがれ」など。追いかけてどこかで見られればいいのですが。
では皆様良いお年をお迎えください。来年もたくさんの良い映画に出会えますよう。





posted by 編集局長 at 15:54| 日記

2015年12月28日

まもなく納会

大波乱の年となった近代映画社にも年末がやってきました。我々はいつもと変わりなく編集作業のみに追われる年の瀬をすごし、あっというまに納会の日を迎えました。とりあえず、あと数時間で今年の業務は終わりです。すでに3月号の80パーセント以上は終わりましたが、年明け早々から残りを粛々と続けることになります。
何が何だかわからないうちに過ぎ去った年末、土曜の仕事帰りにレイトショーで「クリード チャンプを継ぐ男」を見てきました。はっきり言って疲れ切っていたので、寝てしまうかも……と危惧されましたが、逆に元気をもらえた気がします。実は熱烈なファンほど「ロッキー」シリーズに思い入れはないんですが、この映画を見ているうちに1作目を見た時のことなどが懐かしく思い返され、気が付けばロッキーが昔から知っているご近所の英雄のような気分に。
このスタローン、1作目の時にアカデミー賞主演男優賞、脚本賞にノミネートされながら受賞できず、その後オスカーとは無縁のお方に。それが今回意外と助演男優賞獲れるんじゃない? というところまで来ているようです。その噂を聞いてあわてて見に行ったんですが。たしかにいい感じなんですよ。1作目のミッキー役バージェス・メレディスがこのスタローンを見たら感激するだろうなあ……
「スター・ウォーズ」もオリジナルメンバーが全員そろって30年後を演じていて感慨深かったけど、そっちを見終ったら、お正月は「クリード」もぜひ見てください。
posted by 編集局長 at 17:00| 日記

2015年12月18日

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

やっと見ることができた「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。本日全世界一斉解禁で、ご覧になった方も多いでしょう。私も六本木のとっても良いシートで鑑賞できました。が、まだ見ていないという人も多数のはずなので、まだここでネタばらしはしません。
でも気になったのは予告編にあったはずのシーン、なかったところありませんでした? 予告で言っていたはずのセリフ、なかったのがある気がしません? 私の見間違いかなあ。お約束の「嫌な予感がする」はあったけれど。
それと今日の朝のTVで、一作目から全作を上映している聖地として日劇を紹介。そこから生中継している局があったけど、エピソード6「ジェダイの復讐」の時=1983年、確か旧日劇を取り壊して、マリオン建設中だったから、東京のメイン館は有楽座でしたよね? 日劇で上映できるはずないんじゃ? それに10年前のエピソード3公開の時、聖地は新宿プラザといってましたよね? 今はなくなっちゃったけど。
まあ細かいことはいいとして、ともかく早く見ることをおすすめします。ネタバレしないうちに。早く言いたいことばかりです。お正月にもう一回行こうかな。
posted by 編集局長 at 21:24| 日記

2015年12月16日

通信機能復旧

実はこの間の金曜夜から、全社的にメールやネットが使えない状態になり、オンラインも週末・月曜は更新できずご迷惑おかけしました。
ようやく昨日あたり、一時的に回復したのですが、本日完全に復旧となりました。本当にもうネットやメールがないと仕事が出来ない世の中になりましたね。
金曜には「スター・ウォーズ」会見のこととか書こうと思っていたけど、もう時間が経ちすぎて、今更という気がしますが、一応書き留めておくと……当日の朝がものすごい大風&雨で京葉線がストップしたので、ディズニーランドで行なわれる予定だったイベントが中止。私は午後の会見のみ出席だったので、何も知らず舞浜に行こうとしたら、ようやく電車が動き出したところで、そんな事態だったのかと後で知った次第。ライターさんの中には何とか舞浜にたどり着こうと午前中から苦戦して、回り道をして会見の始まる5分前にようやくディズニーランドの先のホテルにたどり着いたという方もいました。後発の私が10分前に着いたというのに……
もう2月号校了した後だったのですが、印刷所に頼み込んでこの来日記事だけ滑り込ませましたので、ぜひ21日発売日にこの様子を店頭でご覧ください。
posted by 編集局長 at 20:15| 日記

2015年12月10日

スター・ウォーズ来日

今日は校了日だというのに、日本に来てくれました「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」一行が。そこで六本木のレッドカーペットに行って、様子を見てきました。
デージー・リドリーは4月に会ったし、J・Jは飽きるほど(失礼)見ているから、ジョン・ボイエガとアダム・ドライヴァーってどんな人だろうとチェック。ボイエガは23歳という若々しさを全身で発しながら、どこかデンゼル・ワシントン的なオーラを感じさせる人でした(個人的感想)。あの目つき、ただ者ではないような……そしてドライヴァーは一番遅れて到着したのですが、まずあんまり笑わない。でも時々見せる笑顔は爽やかで、女性ファンが増えるかも。物腰がなんとなくキアヌー・リーヴズぽい気がしました(個人的感想)。
しかしこのイベントでこのゲストよりも気になるものが。それは東京フィルオーケストラのみなさんがステージで待機していたこと。ゲストが現われるたびにスター・ウォーズのテーマを演奏し、イベント最後でもフルでテーマを奏でてくれたのですが、それが記者席の横。しかもただの横でなく、手を伸ばせば指揮者に触れちゃうくらい接近した真横。
あんなに近距離でオーケストラ演奏を聴くことってほとんどありえないのでは? そんなことが印象に残ったイベントでした。明日は記者会見に行ってきます。
posted by 編集局長 at 23:19| 日記