2016年06月26日

「ハリーとトント」

日曜出社前に『午前十時の映画祭7』で「ハリーとトント」を見てきました。今回は日本橋で見ましたが、実は2週間前に新宿でも見たので、今月二回目です。というくらい大好きな映画なんですが、今この時代に映画館で「ハリーとトント」が見られるというのは、『午前十時の映画祭』のおかげとしかいいようがありません。しかも4K! 映像に汚れが全くない状態で見られるのも奇跡的で、2回どころかもっと見ておきたいほどです。
新宿の時もほぼ満員でしたが、今回も空席は一つ二つくらい? 最初に日本公開されたのは「ジョーズ」が大ヒット中の75年末だったので、評論家ベストテンで1位になったものの、当時あまりヒットしたとはいえなかったのでは? それがなぜ今満員か? 宣伝部の方に聞くとやはり予想以上の集客だそうで、おそらく「猫ブーム」もあるのでは? と言っていました。トントのおかげだったんですね。
それにしても今にして素晴らしいと思うのは、70年代半ばのアメリカの空気感が非常によく描かれていること。特に寂れた感じのニューヨーク。『昔はロンドンのようだったのに』と嘆くハリーの独り言が要所要所でいい効果を上げているんです。またハリーの孫や途中で出会うジンジャーという少女のヒッピーぶり。彼らの目指すのはコロラドのコミューン。ベトナム戦争も末期になり、若者たちの夢が崩れていく様子も描かれているし、ハリーの娘(エレン・バースティン)が流行しかけの『ウーマンリブ』を象徴していたり、ラスベガスのステージで歌っているのは女性グループだったり、ハリーの元恋人や、長男の嫁など登場する女性がみんな当時の世相を見事に代弁しているんですね。シカゴやラスベガス、ハリウッドの街並みも今とは違って、貴重な映像資料といえそう。ハリーが車で大陸横断するルート66も今はもう閉鎖されたとか?
何度見ても発見のある映画こそ名作。もうTVやDVDなどで数えきれないほど見ていても、時を改めて見直してみるとまた何かしら発見がある「ハリーとトント」はまさに名作といいたいところです。 
posted by 編集局長 at 16:28| 日記

2016年06月13日

四十九日

先月のブログで書いたように、SCREENの三代目編集長を20年にわたって務めた尾河照三氏の四十九日の法要が土曜日に行なわれたので、代官山へ行ってきました。お寺ではなく、奥様が入所されている施設の方で行なわれたのですが、ご親族のほか近代映画社のOBや、親しかった業界関係の方などが集まり、ようやく尾河さんにきちんとお別れができました。最初は存じ上げなかったのですが、息子さんが山口県の方で住職をされており、ご自身でお経も上げられました。なかなかない例だと思われます。ご家族や関係者の方に尾河さんのお話を伺って、いろいろと懐かしいことを思い出しました。ずっと忘れていたんですが、なぜかロッカーを共有させていただいていたんですよね。ロッカーを開けると尾河さんが愛用されていたコロン?のような匂いが立ち込めていたんですが、それはフランス製だったことを初めて伺いました。形見分けにネクタイもいただいて、アットホームな良い供養の場になったのではないかと思います。
まったりしたいところでしたが、そのあと毎月出演しているラジオ番組収録のため、TBSに直行。ご存知の方もいることでしょうが、「明日へのエール〜ことばにのせて」という番組内で月一の映画コーナーを担当させていただいています。これまで「銀幕のことば」というコーナーだったんですが、今月から「エールシアター」というタイトルに変わり、見た人の励みになるような映画を毎月一本紹介するということになりました。今月の放送日は6月25日21時からということですので、よければ聞いてみてください。
posted by 編集局長 at 20:19| 日記

2016年06月04日

伝説のファイター、アリ死去

報道するメディアによって、名前の読み方が違っていますが、(SCREENでは)ムハマド・アリが亡くなったそうです。今朝最初にニュースを見た時「重篤」だったのがすぐに「危篤」になり、その直後に「死去」と、あっというまに表記が変わっていくので、こちらもびっくりでしたが。
アリといえば、私らが子供のころ、アントニオ猪木と闘った特別興行がとにかく印象的。我々世代にとっては史上最強のファイターでした。それこそ「ロッキー」が公開される前だったので、海外ボクサーといえばアリというのが当時の子供たちの常識みたいなもの。アリと猪木が戦った翌77年、「ロッキー」が日本公開されヒットしたせいか? アリ自身が自分の役を演じる自伝映画「アリ・ザ・グレーテスト」も同年公開されたんですよ。彼を取り巻く共演者が豪華で、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・デューヴォール、ベン・ジョンスン、ジェームズ・アール・ジョーンズなどハリウッドの演技派がずらりで、そっちの方が気になったくらいなんですが、ちょうど1年前くらいにCSでこの映画が放映していて、DVDとかも出ていないし懐かしいからつい見ちゃったんですね。後年ウィル・スミスがアリを演じる伝記映画も作られ、アカデミー賞候補にもなりましたが、やはり本人が演じているのはまた別の味が。カシアス・クレイ時代の葛藤なども本人が演じているとなにか説得力があるような気がしました。
ドキュメンタリー映画もいくつかあったと思うんですが「モハメド・アリ かけがえのない日々」というのが面白かったです。これはジョージ・フォアマンとの世紀の一戦をメーンにしていたはず。彼の人となりがよく出ていた内容だったと覚えています。それにスタローンが「ロッキー」でアカデミー賞に出席した時、ステージ上にアリが登場して、スタローンと「共演」?したりしたこともあったなあ。ともかくアメリカの英雄だったので、映画界にも縁がないようでいて、時折何かの映画イベントに出席していた記憶が残っています。
できれば「アリ・ザ・グレーテスト」がリバイバルとかソフト化されるといいのだけど。まずはご冥福をお祈りします。
posted by 編集局長 at 17:23| 日記

2016年06月02日

久々のジョディー

6月10日から公開される「マネー・モンスター」のキャンペーンで、ジョディー・フォスター監督が久々に来日。先ほど六本木で行なわれたプレミア上映会の舞台挨拶取材に行ってきました。
8年ぶりの日本というから、私がやっと直にインタビューできた「幸せの1ページ」以来ということでしょうか。あれからもう8年か。それまで何度も記者会見では質問していたものの、面と向かってインタビューできたのは初めてだったので、それだけでも嬉しかったのに、『あなたは前に会ったわね』とジョディーが素敵な勘違いをしてくれて、ますます嬉しかったことを今も記憶していますが、今回は会見すらなく、イベント取材のみ。TVが舞台の映画だけあってか、TVインタビューがほとんどの様子。残念です。
それでも生ジョディーを見たくて行ったのですが、会場は満員というのに、日本の観客は本当におとなしく、行儀がいいですね。待っている間、ほとんど雑音がしないので、最前列で取材していた私は、本当に観客がいるのか何度も後ろを確認したほど。さすがにジョディーが入場した時には歓声が上がったけれど、彼女が話している間はじっとコメントに聞きいっているという生真面目なファンばかりでした。それで日本のファンは海外スターから評判がいいんでしょうね。
逆に言うとちょっと盛り上がりに欠けたけど、相変わらず知的な美貌を見せてくれたジョディーでした。次回はまたせめて会見くらいやってね。
posted by 編集局長 at 21:19| 日記