2016年07月31日

シン・ゴジラ感想

本当はもっと後で見ようかと思っていたんですが、なんだかネタバレが怖くなってきて、今朝がた都知事選挙すませて、そのまま日本橋で見てきちゃいましたよ「シン・ゴジラ」。
いちばん大きいTCXスクリーンだったけど、前二列以外はほぼほぼ満席ということは「面白い」という情報がもう飛び交っているせい? (これから何も知らずに見たいという人はこの後、読まないでください)まあ一番驚いたのは最初に出てきたゴジラの姿ですかね。別怪獣?かと思いましたよ。それ以外ではかなりでかいとか、巨神兵みたいとかいう噂を知っていたので、その辺は想定内でしたが、ともかくこれまでゴジラといえば、他人事のように怪獣を見ていればよかったのが、今度は他人事じゃなく描かれているという違いが、最もこれまでと違うということでしょうか。だから、この後もしまたゴジラ映画が続くとしたら、かなりハードル高くなっちゃったから、庵野さん以外の監督、やりづらいだろうなと変な心配をしてしまいました。特撮の面でも現在日本映画の最高水準では? 都内の話なので、自分がよく知っているところが出てきては壊されたりするものだから、より身近に感じられるし。
それでも一番印象的だったのは、出演者たちのセリフの多さ! 膨大な量のセリフをほぼ全員がものすごい早口でまくしたてるので、ついていくのが大変。一番おっとり話してたのは平泉成さんかも。「ソーシャル・ネットワーク」みたいにこのセリフを何秒でしゃべって、とか演出されているのかと思いました。ゴジラも大暴れするけど、実は半部以上は日本政府・軍部の人間ドラマ。もし日本に未知の生物が出現したらどうするかというシミュレーションドラマになっているので、リアル感があるという批評が多いわけです。
最後におまけで言うと、劇場パンフにいろいろネタバレ含めて載っています。ということかな。
posted by 編集局長 at 13:43| 日記

2016年07月22日

「子連れ狼」ハリウッド映画化

こういうニュースがあるのをご存知の方もいるでしょうが、監督はジャスティン・リンが候補とか言ってます。なんで日本の古い時代劇がいまごろハリウッド映画に? という疑問も出てきていて、当然かと思いますが、意外にあちらではカルト人気を得ているのです。それもこれもタランティーノが好きなせい? 
でも日本で有名なのはおそらく萬屋錦之介主演のTVシリーズですよね。タランティーノが好きなのは若山富三郎主演の映画版の方。かくいう私も大好きです。タランティーノが好きだとかなんだとか言われる前から!
だってすごいんですよ。このシリーズ。この間久々にフィルムセンターで三隅研次監督特集があり1作目の「子を貸し腕貸しつかまつる」を見に行ったんですが、やっぱり素晴らしかった。映像の様式美とか元祖スプラッタとかもいいんですが、なんといっても主人公・拝一刀を演じる若山富三郎の気迫の演技。この人の殺陣は本当に日本の俳優トップクラスでは? さらにあまりにも豪快なストーリー展開。第6作の「地獄へ行くぞ!大五郎」をその昔、浅草の名画座で見た時は、オールナイト上映でおじさん観客たちがみんないびきかいて寝ている中、一人で大興奮しちゃったくらいで、あっけにとられていたんですが最後はもう爆笑するしかない!という無茶展開に、これは正当な評価されざる日本の隠れた名作だと勝手に決めていたんです。
でもやっぱりほかにも好きな人いたんですね。それがタランティーノであり、ロジャー・コーマンだったり。さてその流れでいまごろハリウッド映画化となるわけですが、いくら主役を日本人俳優にやらせると言っても、若山氏以上にすごい拝一刀を演じられる俳優はもういないでしょう。そのあたりはCG技術で補完するのでしょうが、それじゃあ迫力でないんだよな〜。まあどんなことになるか一応期待しておきます。
posted by 編集局長 at 13:04| 日記

2016年07月11日

永六輔さん逝く

まもなく9月号校了というところで、突然、永六輔さんが亡くなったという訃報が飛び込んできました。永さんのことは特に説明なしでもほとんどの日本人が知っている存在ですよね。テレビにラジオに随筆に……多彩すぎてどれが本業、代表作といいきれない方です。
永さんといえば、長女の永千絵さんが現在も本誌SCREENでエッセイを連載中ですが、実はその昔、70年代後半ころに、親子で連載を担当されていたのです。もちろん私はそのころ読者の一人ですが。
この連載は、父・六輔さん、娘・千絵さんがそのころ見た近作の主演・助演スター、またはお気にいりスターにあてて手紙を書くといった形式で、時に六輔さんが娘さんに、千絵さんがお父様に書くこともあったと記憶していますが、昔の映画を知っている六輔さんと我々の世代に近い千絵さんの生の感想がそれぞれに面白かったと覚えています。どちらも本当に映画がお好きで、世代が違っても映画を通してコミュニケートできるのだということがわかるコーナーでした。
千絵さんはその後、本格的に映画エッセイストとして活躍され、本誌にもさまざまな記事を書いていただいているのですが、本誌が60周年を迎えた時に特別編で、親子対談をお願いしたら、快く引き受けていただいたことも今となっては貴重なことです。
あまりに突然でまだ千絵さんにもお悔やみを伝えることができていないのですが、日本の芸能界にとって大きな損失といえるのではないかと思います。ご冥福をお祈りいたします。
posted by 編集局長 at 15:01| 日記

2016年07月02日

100歳おめでとう

日本時間で言うと昨日になってしまうんですが、7月1日ハリウッド女優オリヴィア・デハヴィランドが100歳を迎えたことが話題になっています。オリヴィア・デハヴィランドといえば一番有名なのが「風と共に去りぬ」(1939)のメラニー役ですね。あの時代の映画俳優がまだ生きているというのがすごさの証明でしょう。しかも「遥かなる我が子」「女相続人」と二度アカデミー主演女優賞を受賞している実力派です。私が映画を見始めたころ、まだ「エアポート77」や「スウォーム」に出ていた現役だったのですが、最近はもう公に出てくることはほとんどないですね。これも有名な話だけど彼女が生まれたのは東京なんですよね。お父さんの仕事の関係だったかな。だから妹ジョーン・フォンテーン(「レベッカ」「断崖」などヒッチコック女優ですね)も東京生まれ。ジョーンは惜しくも2013年96歳で亡くなってしまいましたが。彼女は生前姉と仲が良くなかったようですが「私の方が姉よりも先にアカデミー賞を受賞し、先に結婚しましたから、もし私が先に死んだら、すべての面において私の後塵を拝したと知って激怒するでしょう」と言ったとか。ではオリヴィアは100歳でも嬉しくないんでしょうか? 
12月にはたしかカーク・ダグラスが100歳を迎えるはず。これもすごいけど、この間「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」を見ていたら、ハリウッド内幕ものなので実在の映画人が多数登場してきたんですが、ジョン・ウェイン、エドワード・G・ロビンスンなどと共にダグラスも登場。「スパルタカス」の脚本に関する面白いエピソードが描かれていました。ダグラスの話はまた12月に。
posted by 編集局長 at 20:19| 日記