2017年01月26日

アカデミー賞ノミネーション

ちょっと書くのが遅くなりましたが、アカデミー賞ノミネーションをオンタイムで見ていました。例年のようにどこかのホテルに早朝から(現地のこと)記者を集めて、協会会長が登場して何人かの俳優に候補を手短にアナウンスする方法をやめて、ストリーミング映像のようなものを一斉配信する形になり面食らいましたが、この候補を発表後すぐにまとめて一覧にする作業の対処が、いずれのメディアも大変だったようで、アカデミー賞の公式サイトでも一時間違いが発生したようです。私もある程度、目安を付けて予想を書き出しておいて、そこから削ったり、付け足したりの作業が結構大変でした。
「ラ・ラ・ランド」が14個もノミネートを受けたのはちょっと意外でしたが、やはり本命ということでしょう。なんというか、現実の人生はなかなかうまくいかないものだけれど、それをかなえてくれるのが虚構の世界を描く映画の素晴らしさなんだというラストが、いかにもハリウッドが歓迎しそうなテーマで、それをすごくうまい形でミュージカルにした本作のデーミアン・チャゼルはさすがという感じ。
しかし対抗馬「ムーンライト」も素晴らしいんですよ。見方によってはLGBTものと言えなくもないんですが、一人のマイノリティーの少年が自分は何者であるかを発見し、それを受け入れていく過程を綿密にかつ優しく描いたアイデンティティーの映画なんですね。助演男優賞はまず最有力と思うのですが、後は何を獲れるかな?
「メッセージ」もSFなんですが、そこに留まらない人間のドラマになっています。「未知との遭遇」や「コンタクト」に近いと思うのですが、3作ともソニーの映画という共通項がありますね。エーミー・アダムズの落選が残念でした。
今回は「沈黙 サイレンス」や「ハドソン川の奇跡」はほとんど無視に近い状態となりましたが、もうハリウッドの世代交代は完全に始まっていることがよくわかるノミネート結果でもありました。本番ではどういう評価を下されるのか益々興味深いです。
posted by 編集局長 at 13:19| 日記