2017年02月27日

アカデミー賞、前代未聞の大ハプニング

先ほどアカデミー賞のライブ中継を見終えて、帰社したところですが、最後の最後でとんでもない大ハプニングが発生し、見てる方も混乱状態でした。
あちこちで報道され始めていますが、クライマックスの作品賞発表の時、それは起こりました。製作50周年を記念して「俺たちに明日はない」のウォーレン・ビーティーとフェー・ダナウェーの主演コンビがプレゼンターとして現われ、封筒を開き『作品賞は「ラ・ラ・ランド」』とアナウンスしたんです。まあこれまでの流れからして順当な幕引きだと思っていたんですが、喜び勇んで「ラ・ラ・ランド」チームが登壇し、感謝のコメントを語り始めた時、なにか様子がおかしくなり始めたんですよね。突然「ラ・ラ・ランド」の製作者が『本当の勝者は「ムーンライト」だ。私らの手でこの像を彼らに渡したい』と発言して、ライバルを激励しているのかな?と最初は思ったんです。でもなんだか本当に作品賞は「ムーンライト」だという声が聞こえ始め、現場は大混乱。見ている方は何が起きたのかとポカーンとしていたら、司会のジミー・キンメルが『ウォーレン、なんてことをしてくれたんだ!』と笑いながらビーティーを問い詰めると、ビーティーが『本当の封筒の中身はこれだ』といって「ムーンライト」のタイトルが書かれた紙を見せだしたんです。この時点では、まさかビーティーがトチ狂ったジョークをかました? とか、文字も読めなかった? とかありえない憶測が飛び交ったんですが、直後の話ではビーティーたちに渡されたのはその前に発表された主演女優賞(「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン)の封筒だったようなのです!
本当ならこれはあり得ないスタッフのミスとなりますね。本来発表後の封筒は回収されなければいけないのに、なぜかそのまま次のプレゼンターに渡されてしまったとしたら、ビーティーたちのせいではないでしょう。ビーティーも『封筒を開けたらエマ・ストーンの名前があったので、おかしいなとは思った』というんですが、こんなミスはまさしく史上初と思われる(特に作品賞では)ので、現場のばたばたぶりも納得は行くんですが、こういう時、どうやって混乱を収めるのかなんて誰にもわからないですよね。さすがのキンメルもなすすべがなく『これは私のせいだと思う』などとジョークを言って中継は終わってしまいました。
今後もう少し詳しい情報がわかってくると思いますが、奇跡の逆転劇には変わりないものの、なんだか「ラ・ラ・ランド」にも「ムーンライト」にも気の毒な終わり方になってしまいました。それまで今年は割と平板な授賞式かなと思っていたのに、最後の最後でこんなことが起こるなんて、まさにオスカーはふたを開けてみなくては判らない映画界最大のショーです。大統領に叩かれなければいいけど。
posted by 編集局長 at 16:20| 日記