2017年04月06日

30年ぶりのサモ・ハン

ジャッキー・チェンと共に香港アクション黄金時代を牽引してきた彼の兄弟子サモ・ハン・キンポー(いまはサモ・ハンだけらしいですが)。そんな彼が11年ぶりに新作キャンペーンで来日。今朝がたインタビューに行ってきました。新作は主演兼監督の「おじいちゃんはデブゴン」とアクション監督作(ちょっと出演も)「コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝」の2作。インタビュールームに現われたサモ・ハンは相変わらずの体型ですが髪は白くなり、貫録がますます倍増。でも怖い人ではなく、本人も『俺は強いんだぞと触れ回るような人はいないよ。自分はまったく普通の人間だと思っている』とひょうひょうとしたもの。
私は以前、彼に会ったことがあるんですが、なんと30年も前。ジャッキー共演の「サイクロンZ」の撮影現場でした。私にとっては初の海外取材で思い出深いんですが、ジャッキーとサモ・ハンとユン・ピョウのトリオがそろって特写を撮らせてくれ、結果本誌の巻頭を飾ったのです。その時からすでにボスのようなサモでしたが、今や本当にボス。でも写真撮影ではこちらの注文にいろいろ合わせてくれたり、サービス精神を見せてくれました。
インタビュアーもカメラマンも久々のサモ・ハンに感動していました。このインタビューはSCREENの7月号(5月21日発売)に掲載予定ですのでお楽しみに。
posted by 編集局長 at 22:33| 日記