2017年05月18日

カリコレで見たかったあの映画が!

東京・新宿シネマカリテで毎年開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション」通称カリコレが今年もやることが発表されましたが、その中に嬉しくも私が今年一番見たかった映画のタイトルが!
昨年アメリカで公開されてすごい高評価を得ていたんですが、どこでも配給・上映する気配がなく、あきらめていたところでした。それはあの呪われた巨匠?ブライアン・デパルマのドキュメンタリー、その名も「デ・パルマ」! このところペキンパーやアルトマンやヒッチコック&トリュフォーなど映画監督にまつわるドキュメンタリーも日本公開されていたので、やってくれるのでは……というかすかな期待もあったんですけどね。
この映画、デパルマ信者(?なのか?)のノア・バウムバックが監督しているんですが、あのロッテン・トマトでほぼ100%の高評価を得ていたんですよ(たぶん最終的に96〜97%になったと思う)。ただデパルマの映画人生を追うだけでなく、見た人の評価を見ると、映画の作り方の裏側(技術だけでなくお金のことも?)よくわかるということだったような気が。
この間、世界文化賞を受賞したスコセッシが、略歴リリースの中でもっとも影響受けた作家にデパルマの名前を挙げていたんですが、その意味を質問したかったのに、記者会見で指名してもらえなかった……という悔しさはともかく、ハリウッド第9世代の中でも異端児的存在ながら唯一無二のマスター(たぶん)。こんなデパルマでもいつかアカデミー名誉賞とかもらえるんでしょうか? と心配するくらい気になる裏巨匠。
彼自身の映画はいつも評価が真っ二つに分かれるけど、このドキュメンタリーはほとんどの評論家が絶賛。これを見ないわけにはいかない! ということでカリコレさん、ありがとうございます。絶対見ようと思います。
posted by 編集局長 at 22:06| 日記